まずは買取可能な焼酎の条件をお教えします

戴き物や、飲むつもりで買ったまま放置してしまっていたお酒は、いざ処分するとなると困ってしまうものです。普段からお酒をよく飲むという人は、こうしたお酒が余ってしまっていても自分で飲みきる事もできますし、人を呼んで宴会をしてお酒を片付けてしまうということも出来ます。しかし、普段あまりお酒を飲まない、あるいは健康上の理由などでお酒を飲まなくなってしまったという事になると、いつまでたってもお酒を片付けることはできませんし、かといって捨てるというのも抵抗があるものです。また、好みによって、日本酒は飲む物の焼酎は苦手という人もいるので、高級な焼酎をプレゼントされた物の、自分では飲まないため結局死蔵してしまうということもあります。こうした処分に困った焼酎は、お酒買い取りの専門業者に売ってしまうのも一つの方法です。

様々なお酒の買い取りに対応する専門業者

不要なお酒や、あまり好みでないお酒は、そのまま置いていても邪魔になるだけですが、お酒買い取りの専門業者を利用すれば、お金に替えて活用することができます。お酒と一口にいっても、希少な物や高級なものなど、買えばかなり高額なものも少なくありません。そうしたお酒が手元に余っていて、今後飲むこともないというのであれば、買取専門店に査定してもらうのも良い方法です。査定をしてもらって初めて高級なお酒であったことを知るということもありますし、価値が分からずにしまったままにしておいた物が思わぬ高値で売れるということも珍しいことではありません。特に有名な焼酎などになると高値がつく可能性も高くなるので、まずは気軽に査定を依頼してみると良いでしょう。多くの買取店では無料のオンライン査定を実施しているので、簡単におおよその買取額を知ることができます。

状態が良ければ更に高値になる可能性もあります

焼酎などの高級なお酒を売るときには、そのままで売るのももちろん悪くはありませんが、箱などの付属品がついているものは、それらも綺麗にとっておくと更に買取額をアップさせられる可能性があります。特に限定生産品などの場合には、ロットナンバーなどが分かるものがあると査定額のアップにつながります。かといって高級なお酒や貴重なお酒しか売れないということもありませんので、不要な焼酎などが沢山有るときにはまとめて売るのもおすすめです。古い物なども買い取りの対象になりますし、今では希少価値がついている可能性もあるのでどうせ売れないだろうと諦める前に査定を依頼してみるのがおすすめです。しかし、希少なお酒や高級なお酒であっても、開封してあったり、瓶などに著しい汚れなどがついている時には買い取りの対象にならない事もあるので、まずは保存状態を確認しておくことも忘れてはいけません。

海外の販売ルートを確保しているから、焼酎をどこよりも高く買取。 どこよりも豊富な実績で、どこよりも高い買取価格をご提示。 日本酒やウイスキー、焼酎の買取は経験豊富な鑑定士が行います。 飲めない焼酎は無理に飲まないで下さい。 限定販売の焼酎は買取市場でも高額買取商品です。 森伊蔵 極上の一滴の買取を行った実績がございます。 抽選で販売される焼酎はプレミアが付きます。 焼酎の買取もネットで承ります